Katsuhanaは2007年に設立されしました。 長い歴史ではないですが、優秀な経営チームは25年以上ネジ業界の経験と15年以上日本市場の経験を持ち、企業の永続的な経営及び会社全体の成長が本社の経営理念です。

今、従業員は30人です。製造部は10人、梱包部は10人、業務担当者は10人です。 自社生産はヘッダーとねじ切りです。 ヘッターとねじ切り用の機械が全部で16セットあります。 将来、ドリルポイント用の機械を増やす予定です。

本社の生産量は現在、毎月300トン、売り上げは毎月600万ドルです。 市場分配は日本が20%、アメリカとカナダが30%、ヨーロッパが30%、中東が10%、東南アジアが10%です。

主力商品はJIS規格に基づいた軽天ビス、軽天フレキとD6皿ドリルです。ドリルビス、木工用ビス、イエロービス、ステンレスビスもあります。 それ以外の弊社のブランド商品はONESです。 スピードテストは秒内です。スピードが速く、品質も安定です。

2番目のブランド商品はAUSTEKです。 300シリーズ、熱処理もなく、磁性もありませんが、ステンレスに比べて、トルクが高い堅木用の商品です。

本社の共通の目標: 最高品質の製品を供給。納期通りの出荷。無時差コミュニケーション。 将来更なる機会で、皆様と提携することを心より望んでおります。